大事なコート(その1)

こんにちは。
アンティコッター@anticotter井上(里)です。

今日はこちらのコートについて書きたいと思います。
coat_style_3

最近ではアンティコッターでは薄手のコートをメインに作っていますが、上の写真のロングコートがアンティコッターで一番最初に作ったアウターです。

このコートはアンティコッターにとってとても大事なアイテムで(もちろんどのアイテムも思い入れはありますが)、今後の方向性などを示してくれたコートです。

先日のブログ今月で丸4年にも少し書きましたが、アンティコッターを始めて4年経ったと言っても、洋服ってどうやって作るの?という本当に何も知らないところから、作ってくださる業者さんがいるかをあたったり、布の仕入れや品質タグの表記について調べたりそういうことも含めての4年なので
どのアイテムを作るのも今でもドキドキしているのですが、特にアウターを作るというのはものすごく緊張感がありました。なんとなく、Tシャツなどのカットソーは自分の着方もそうですが気軽な感じがあるので、作るのもトライしやすい気持ちだったのですが、アウターはコストもかかりますのでそれなりの値段感になりますし、お客様も気軽に購入するというものでもないだろうなと思っています。素人がクオリティを保ってシーズン中羽織続けてもらえるようなアイテムを本当に作れるのかな??という心配もありながら、でもこういうアイテムがほしいというイメージがあったので思い切って作りました。

サンプルが出来た時は、生地の性質とサイズ感が全くあっておらず
これはどうにも…というシロモノで、さらに不安感が募ったのですが
(もちろん作ってくれた方ではなく、こちら側の問題です)、
イメージに近づけられるよう試行錯誤して、本生産へ進みました。

実際の商品が納品されて手に取った時、
「これ、いいんじゃないかな??」とすごく高揚感があったのを覚えています。まだ全く知られていないブランドにも関わらず(それは今でもあんまり変わってないのですが…)、欲しい方多いんじゃないかなと思いました。
その期待を裏切らずすべて完売し(もちろん時間はかかったのですが)、さらにそれから1年経っても尚、「再販はありますか?」といったお問い合わせをいただいていました。

そういう手応えみたいなものを感じさせてくれた以外にも、気づきがありました。
一度、埼玉のNEWLAND MARKETさんに出店させていただいた時のこと。
たしか8月の真夏(しかも熊谷!)だったかと思いますが
とにかく暑い日で、それでも手持ちのアイテム数が少なかったので
ロングコートも持っていきました。

この暑さで試着してくれる方もいないかなと思っていたのですが
一人の女性が目に留めてくださったんです。
とっても素敵な方で、今でもはっきり覚えていますが、
白のセットアップにふわりとしたロングヘア、麦わら帽子で
涼やかで上品な女性です。
(お似合いになりそうだな)と思いながらコートを着ていただいたら
予想以上にピッタリ。むしろコートのポテンシャル以上の素敵さだったのですが、とにかくお似合いで、ご本人にもお気に入りいただけて買っていただきました。
息子さんと一緒にいらしていたようで、あとから連れてきてくださって
息子さんとも少しお話をさせていただき楽しい時間となりました。

その後しばらくしてから、息子さんから「自分も気に入って母と兼用で着ていたのですが、頻度が多くなってきたので自分用に購入したいです」というとっても嬉しいご連絡をいただき、また一着ご購入いただきました。

そうか、と思ったのが、男女兼用、しかも親子で年齢が離れていても
着ていただけるんだ、と。そうなってくると、やっぱりターゲットというのはとても曖昧で、男性でも女性でも、お若い方でもご年配の方でも、お気に入りいただけた方にご購入いただくのだから、性別や年齢などはあまり気にしすぎなくてもいいのかもしれないなと。

Instagramでビジネスアカウントを持っていらっしゃる方はご存知かと思いますが、フォロワーさんが100名を超えると、自分のフォロワーさんの男女比や年齢層、地域の割合が見れるんですね(もちろん個人を特定できるわけではなく、割合のみの参照です)。
そこでも、実はアンティコッターを見てくださっているのは男性の割合の方が常に多いです。

作っている自分が女性なので、メンズライクなものではあるけど女性のお客様をなんとなくイメージしていましたが、実際には男性のお客様の方が多かったりもするわけですし、女性(しかもお母様)と兼用で着ていただくこともある。
アンティコッターのアイテムはそういうことを意識して作っていこうかな、と
このロングコートが、そんな風に考えはじめるきっかけとなりました。

今日は「大事なコート(その1)」ということで書いていきましたが、
次回は「大事なコート(その2)」を書こうと思います。
そのコートはアンティコッターで作ったアイテムではなく、私が母からもらったコートです。また読んでいただけたら嬉しいです。
その他の記事はこちらから→http://anticotter.com/journal/

Instagramも更新中です→@anticotter

ANTICOTTER